りんごの秘密の小箱

ちばわん卒業のドボン大好きりんごちゃん☆と週休4日パパの週刊絵日記です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
三連休3日目。

  お天気もはっきりしないし、来るべき紅葉シーズンにそなえて、3連休は休養中。

  。。というか、1週間前に「平地で」つまずいてころんで膝小僧を擦りむいたので、休養中。ははは。

大阪の住処の向かいがわのビル、なんのビルかわかりませんが、
なんか、きれいに飾ってあるので、お休みなのに開いているし、
ちょっと覗いてみました。

201311P_06309.jpg

え、何、マンションのモデルルーム?
ま、ついでに見せてもらいました。
そこにあった、大阪中之島辺りの航空写真。

右下のビルが市役所、左上の緑が大阪城公園。
この写真の真ん中へんのビルに住んでいますが、目の前は中之島公園。

201311P_06312.jpg

秋薔薇が咲いているので、今回は目的があって写真をとりに行きました。

201310PN_10422.jpg

201310PN_10394.jpg

これ、これ。
薔薇の花びらの水滴。
曇り空でなければ、もっときれいに撮れたとおもうのですが、

201310PN_10367.jpg

薔薇の花びらの水滴は、真ん丸なのに転がらない。

201310PN_10369.jpg

ぶら下げることだってできるんだそうです。

201310PN_10373.jpg

先週でかけた構造色のシンポジウムで、構造つながりの生物規範工学の講演がありまして、

生物規範工学=biomimeticsというのは、生物が持っている巧みな仕組みに学び、それを応用しようという学問ですが、蓮の葉が水をはじいて転がして汚れを落とす仕組み、とか、蝶の羽の色を構造を真似て再現しようとか、ま、いろいろ。

そういう研究のなかで、薔薇の花びらが水をはじく撥水性でありながら、蓮の葉のようには水滴が転がらずに吸い付けることができる仕組みが解明されています。

201310PN_10378.jpg

で、まあ、現物を観察しに行ったわけです。
なんせ、理系なもので。

ご興味のある人はどうぞ →「水を離さないバラのはなびら」
            →「水滴を吸着するバラのはなびら」


ところで、今日も出番がなかった、ドボン好きのりんちゃんの場合は、

201310N_10174.jpg

ぶるるん! と一発で水をはねとばすのであります。

201308P_4182.jpg



関連記事
スポンサーサイト
コメント

りんごパパさんコメントありがとうございました!りんちゃん もう5歳なんですね(^^)月日のたつのは早い!バラと水滴の関係~知らなかったです。勉強になりました。ありがとうございました♪
2013/11/05(火) 06:49:34 | URL | きららママ #aVoY0bc. [ 編集 ]
きららママさん
こんばんは。

バラの水滴、40年以上も前に買ったマクロレンズで撮ったんですよ。昔のレンズは重い!

しずくちゃんがかわいいので、ちょこちょこお邪魔してます。
そうなんですよ、りんちゃんもう5歳で、家の中ではゆったりかまえておばちゃんの風格が漂い始めています。
2013/11/05(火) 22:57:02 | URL | りんごパパ #pxcIwNOg [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://ringosecretbox.blog88.fc2.com/tb.php/1450-aaebc207
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
現在の閲覧者数: